ナレッジとノウハウの違いとは?正しい意味と社内で活かすための方法

「ナレッジ」と「ノウハウ」。
一見すると同じような意味に捉えがちですが、皆さんは正しい意味を理解していますか?

社内の人材の入れ替わりが激しくなり、今後は益々ナレッジやノウハウの活用が重要視されていきます。
そこで今回は、改めて「ナレッジ」と「ノウハウ」の意味を掘り下げ、社内で活用するための方法を考えていきましょう。

ナレッジとは

ナレッジ(knowledge)
1 知識・情報。
2 企業などの組織にとって有益な知識・経験・事例・ノウハウなど付加価値のある情報。→ナレッジマネージメント

【引用】コトバンク

ナレッジは、「知識」「知見」といった意味の「knowledge」からきた和製英語です。

一般的に使われるナレッジとは、そのままの意味で知識のことです。例えば新聞や本など文章化されたものから得られるものですね。

ビジネスシーンにおけるナレッジとは、前述の引用の2にあたります。企業にとっての「有益な情報」「付加価値のある経験や知識」のことを指します。生産性の向上や有効的な経営手法を助ける重要な要素ともなっています。

 
 

ノウハウとは

ノウ‐ハウ(know-how)
《「ノーハウ」とも》
1 ある専門的な技術やその蓄積のこと。「仕事のノウハウをおぼえる」
2 技術競争の有力な手段となり得る情報・経験。また、それらを秘密にしておくこと

【引用】コトバンク

「ノウハウ」の語源となる英単語は「know-how」です。
こちらは和製英語ではなく、英単語の日本語読みから来ています。しかし、英語と日本語では少しニュアンスが違います。

ノウハウは、「know=知る」「how=方法」という2つの単語が組み合わさった言葉です。このことからわかるように、一般的に「ものごとの手順や方法の知識」を意味します。

一方、日本での使われ方は、「知恵」として置き換えられます。日々の業務の中で成功や失敗を重ね、「こうすればうまくいく」「これはうまくいかない」など、過去の経験から得られていく方法論があると思います。日本では、それらをノウハウと呼ぶことが多いでしょう。
 
 

ナレッジとノウハウの違い

では、そんな「ナレッジ」と「ノウハウ」の違いとは何でしょうか。
他の類語も交えて説明しましょう。

  • ナレッジ(knowledge)
  • 「有益な情報」「付加価値のある経験や知識」

  • ノウハウ(know-how)
  • 「手続き的知識」

  • イクスピアリエンス(experience)
  • 経験。
    個人が実際に見たり聞いたりし、また実際に行うなど「体験から得た知識や技術」

  • テクニック(technic)
  • 技術・技巧・技法。
    「処理する際の手段や方法」

  • スキル(skill)
  • 技術・技能・腕前。
    実体験を通して、「身につけた専門的な能力」。

ノウハウはどちらかというと「基本的な知識や技術」を指しており、スキルは「深い理解に基づいた知識・技術」を指し、若干の違いが見られます。

テクニックはマニュアル化がしやすく、同じプロセスで多くの人が習得できます。一方スキルは、個人の意思決定や状況判断を伴って行われるものです。
また、テクニックが習得しやすい代わりに忘れやすいのに対し、スキルは習得に時間がかか分、忘れにくいという点も異なります。

図に表すと、このようなイメージです。

ここで改めて「ナレッジ」と「ノウハウ」の違いについて着目しましょう。

ビジネスシーンで使われる「ナレッジ」は、前述のように、組織や企業にとって有益な知識や情報、また付加価値のある経験を意味します。
本や人との会話の中などから得られた表面的な情報が「ナレッジ」です。「ナレッジ」は役に立つ情報の集まりですが、そのままでは意味がありません。これを実践に移していく必要があります。その経験の中で得られた情報こそが「ノウハウ」なのです。

「ナレッジ」=「知識」、「ノウハウ」=「知恵」と考えると違いが理解しやすくなります。「ナレッジ」をもとに、実際の業務の中で試行錯誤してみて身につけた、自分なりの「コツ」が「ノウハウ(知恵)」になります。

「ノウハウ」をもとに、さらなる実体験の中で身につけられるのが、「テクニック」や「スキル」となり、それを体系化することで、また新しい「ナレッジ」になるという流れです。

このような流れを繰り返し行うことで、情報量が豊富になり、あらゆる事象に対して即座に対応できるようになります。
社内において、個人として上記のループを回していき、生産性を高めていくことは容易ですが、それが社内に蓄積されてるかというと、そうではない企業も多いのではないでしょうか。

そこで、個人の「ナレッジ」を社内に共有し、管理していく「ナレッジマネジメント」を行う必要があります。
特に人材の入れ替わりが激しい現代において、業務を属人化せず、汎用的に落とし込むことは重要です。

ナレッジマネジメントとは?ツール導入〜組織に定着させるまで
組織の生産性を向上させるために、今必要性が増している「ナレッジマネジメント」。近年、そのナレッジマネジメントに大きな変化が…..詳細を見る

 
 

おすすめ共有ツール3選

ナレッジやノウハウを属人化させず、社内に蓄積していくには、ツールの導入が有効です。
ここからは、ナレッジマネジメントに役立つおすすめツールをご紹介していきます。

Qast


Qastとは
いつでも、どこでも、誰でも使いやすい“社内の知恵袋”。
Q&Aとメモでナレッジを蓄積する社内情報共有ツール。
https://qast.jp/

【特徴】

とにかくシンプルな情報共有ツール。メモとして自発的に情報発信できるだけではなく、Q&A形式で業務上の不明点を解決できる点が他のツールにはない特徴です。
日々の業務で発生する質問・回答を蓄積しておくと、他の人が困ったときにすぐに解決できるでしょう。

複雑な機能が一切なく、誰でも簡単に使いこなせるツールのため、はじめてナレッジマネジメントのツールを導入する企業におすすめです。

 

Evernote


Evernoteとは
手間をかけずに整理
https://evernote.com/intl/jp/

【特徴】

Evernoteは、情報を整理して大切なことに集中するためのツールです。アイデア、プロジェクト、タスクなどを記録したり、忘れないように優先順位を付けたりすることが可能です。
個人利用されている方も多いかと思いますが、もちろんビジネス利用も可能です。
ご利用のデスクトップ、スマートフォン、タブレットのすべてで同期されるため、必要なときにいつでもアクセスできます。

 

Scrapbox


Scrapboxとは
チームのための新しい共有ノート
あらゆる情報をつなげて整理できる次世代の知識共有サービス
https://scrapbox.io/product

【特徴】
wikipediaのようにフォルダ階層構造ではない管理方法で、ナレッジを恒常的に一ヶ所にまとめられます。
Scrapboxでは単語を[カッコ]で囲むだけでネットワークが構築できます。整理に頭を悩ませずに、書いたものが参照されやすくなることが特徴のツールです。
同時並行で会話が可能なので、一つの文書を複数人で同時に書き込むことが可能なため、生産性を下げません。また、スクリーンショットや手書きの図を共有することでイメージでの図解ができます。

 
 

まとめ

「ナレッジ」と「ノウハウ」の違いについて、理解を深められたでしょうか。

どちらもビジネスにおいて重要でありながら、個人の中で埋もれやすいものです。まず、共有のきっかけづくりとしてツールを導入し、社内で蓄積することが当たり前になるように習慣化していきましょう。
そうすることで、業務効率は格段に上がり、誰が担当しても同じクオリティを保つことができるでしょう。

 
 

Qast
Qast
いつでも、どこでも、誰でも使いやすい“社内の知恵袋”。Q&Aとメモでナレッジを蓄積する社内情報共有ツール。